クロコシ研究室

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラコンって何歳まで付けていいものなのか?カラコン賛成、反対派の間でのイメージついて。

f:id:kurokokosiba:20170429012414j:plainカラコンって盛れますよね。先日テレビ朝日のアナウンサーが35歳でもカラコンをしていて、すごく責められていました。「35歳でカラコンってギャルか!」って言われてたけど、カラコンが当たり前の人と、そうではない人たちとの間で、カラコンのイメージって違うんだ〜。ということに気づきました。

今日はその気づきをメモしておくのと、何歳までなら付けてもいいのかを考えていきたいと思います。

 

 

<気づき>私たちにとってカラコンはメイクと一緒

 冷静に考えるとカラコンって、自分をよく見せるために目の中に異物をいれてますよね。そう考えると整形と一緒のような気がしてきます。ヒアルロン酸とかも、肌にハリを出すために入れたりしますよね。これがカラコン無使用派の意見です。整形と何が違うの?ということです。

でも私たちからしたら整形とカラコンは全く別物。カラコンって整形と違って、目の中に付けるだけ。いつでも取れるし付けられる。メイクの一部という認識なのです。

 

 <気づき>カラコンって別にギャルじゃないよ。

カラコンを使ってない人はカラコン=ギャルとすぐに結び付けます。確かに私が高校生の頃、白目がほぼ見えなくなるカラコンを使っていたけれど、今は違います。アラサー向けのものから、バレたくないけど瞳を強調したい学生向けのものなど、ナチュラル系のカラコンが増えました。そもそも最近はギャルもほぼ滅亡しているし、もしかしたらOLさんとかの方がカラコンを付けてる人は多いかも。

 

<結論>カラコンって◯歳まで

 結局カラコンは何歳までなら〜とは断言できません。ただカラコンに対してメイクの一部という認識の人は、カラコンを付けてる人だけ。あまりよくない感情を持つ人もいる。

だから私は就職活動を機にカラコン卒業しました。それはよくない感情を持つ人もいるから。当時はカラコンがないと不安で、外すと友達から「別人だね…」と言われていたほど。ですが見慣れられたらこちらもの。タイミングよく外せれたのかなと思います。

かなりフワっとしてしまいましたが、個人的に言えるのは目が死んだように見えるなら、カラコンは付けない方がいいと思う。たまにいるんですよね、違和感すぎて気持ちが悪い人。せっかく付けてるのに逆効果。自分の長年の強いカラコンに対するこだわりが、仇となっていますよ。

 

小柴くろこ