クロコシ研究室

デザイナーの経験から、ブログのロゴを制作したぞ!制作ステップ大公開スペシャルだ!

f:id:kurokokosiba:20170412115831j:plain

デザインされていた方が絶対にいいじゃないですか?ただ言葉でクロコシ研究所って書かれていたら、ブログ名しか情報はわからない。けどデザインされていたら、どんなブログなのか、より伝えることが出来ます。デザインの魅力の1つは、自分の考えを形に出来ること。

と黄昏ていたら、やっぱロゴって必要だな。よし作ろう!ということに。ただ私、ロゴマークが苦手です。チラシやパンフレットとは違って法則があるわけでもないし。ロゴはケースバイケース。だから難しい。

でもデザインの本当に大切なことは、本質を掴み表現すること。今日は私のブログのロゴを制作した手順をご紹介して行きます。

 

 

 

 

1、まずはブログの名前を考えよう。

 

ロゴを制作する前に、ブログ名をしっかりと考えて行きましょう。「自分はこのブログにどんな事を書いて、誰に、何のために伝えていくのか」整理しておく必要があります。整理するとロゴデザインする際のモチーフが決めやすかったり、ブログを書く軸も定まるので統一感が出ます。

<私のブログの場合>

①小柴くろこが いろいろな事を 分析するブログ。

②私と同じような経験、悩み、不安がある人にこのブログを通してスッキリしてもらいたい。

 

クロコ コシバを略してクロコシ。

いろいろな事を分析するから研究所。

私と合わせてクロコシ研究所となりました。

 

 

2、モチーフを決めよう。

 

さあいよいよデザインに取り掛かります。まずはモチーフを決めます。モチーフを決めることによって、圧倒的にデザインがしやすくなります。またその後の展開ツールにも共通したモチーフを使うことで、統一感が出てブランド力がアップします。

<私のブログの場合>

クロコシ研究所から研究室で使われていそうな物をピックアップ。

・試験管

・顕微鏡

・ルーペ

・三角フラスコ

・ビーカーなど

決めるポイントは、世に溢れすぎたモチーフは避ける。私の場合だとルーペ。ルーペって探偵とかも想像させてしまいます。パッと見たときの研究所感を大切にしたいので、ルーペは避けます。

あとはシンプルに表現できないものも避けましょう。ロゴは見やすさが大切です。あまりにごちゃごちゃしていると、見にくくなってしまいます。この場合、顕微鏡はちょっとロゴには不向きかな?

そしてこれが1番大切かもしれませんが、パクり同然ロゴを作らないためにも、あまりにも多いモチーフは避けましょう。同じようなロゴを作ってしまったら盗作になるし、私としてもテンション下がるから、ピンタレストなどで似ているモチーフが多いものは避けた方がベターです。調べると試験管で可愛いものを見つけちゃいました。なので試験管もなし。

残ったのは三角フラスコとビーカーですが、ある程度変化があったほうがいいな?と思うので、三角フラスコをモチーフにします。

 

 

3、デザインのテイストを決めよう。

 

テイストって言われても難しいなー。と思うかもしれませんが、こんな感じいいな?って思うロゴを集めれば大丈夫です。そして何となく、こんな色を使って、こんなフォント使おうかなー?とゆるい感じで決めてもいいかもしれないです。

<私のブログの場合>

・クロコシ研究所なのである程度キッチリ感

・くろこ だから黒色をメインにシンプルに

・見てくれる人がおそらく若い人だから、ちょっとポップにしたい

 

 

4、ロゴを制作しよう。

 

私は一応デザイナー経験があるのでイラストレーターが使えますが、もちろんない方もいると思います。そういう場合はワードで制作するのがオススメです。図形を使ったり、文字を打ったり、シンプルなものなら十分制作可能です。

 

こちらが完成したロゴ。

f:id:kurokokosiba:20170412120106j:plain

三角フラスコをモチーフで、全体的に太めの線を使うことで研究所のキッチリ感を表現しました。若い人がメインのブログと考えて、キッチリ感は出しつつも、コーポレートロゴフォントを使うことでポップな印象も与えるように。ポイントとして、三角フラスコのメモリを矢にして「心に刺さるようなブログにするぞ!」という意気込みも。

 

 

ロゴを1つ作れば、それを変えて他のパターンを作れます。パターンが何個かあれば、横長のものはヘッダーを利用したり、正方形ならアカウント画像に利用したり応用できます。

デザインするものが統一感が出れば、ブランド力がアップ!「どんなブログなのか」さらに伝えることができます。

私もまだまだ勉強中ですが、今後いろいろなものを作っていきます。作れたらまたアップしようと思うので、よろしくお願いします。

 

小柴くろこ