クロコシ研究室

【SNSに体温計の写真をアップする女って何?】体温計をのせる理由とその女が増えた背景を勝手に分析

f:id:kurokokosiba:20170407020643j:plain

って体温計の写真と一緒にSNSにのせる女ってなんなんだろ?大体、体温計と一緒にモコモコの部屋着、可愛いベッド、マスク姿が映っていて。女からしたらすごくムカつく。笑

小柴がこの前遭遇したのは、インスタグラムのストーリー機能で体温計を撮って「熱出ちゃった」とコメントを付けている女。それがかなりの高熱だったのですけど、そんなに辛いならストーリーなんてしなければいいのに…と思ったり。

 

そんな女の生態が気になったのでちょっといろいろ分析してみます。あくまでも個人的な分析の結果ですのでご了承ください。笑

 

 

 

 

生態 

・基本的にSNSが大好きなことは間違いない。

・インスタグラム、ツイッターフェイスブックは必須。

・更新率はインスタグラムが最も多くサブアカウントを持っている。

・出かける場所の基準はフォトジェニックな写真が撮れるかどうか。

・写真は自分が盛れるまで徹底的に撮らせる。(撮る側からしたら迷惑すぎ)

・盛れないと撮影者が悪いと怒り出す。(モデルの問題)

・独自の自撮りテクニックが持つ。(自分が盛れる角度を知り尽くしている)

・自分の盛れパーツがある。多いのは唇。

・さらに上級者だと写真加工能力がプロ級。

・すべては「いいね」のため。

 

生活のすべてにSNSがある。

「いいね」に、こだわりがない私からしたらすごく大変そうだし、その意欲ってどこから湧いてくるんだろ?

 

でも何で体温計までのせちゃうの?

生活のすべてがSNSだから。もうSNSが癖になっているのかもしれません。だから高熱が出たとしても体温計をアップして「同情いいね」を得ようとするみたい。もっと言えば、熱が出たから「心配のいいねがたくさんつくぞ!」って思う人もいるのかも。ここまでくるとちょっと病気かもしれない。

 

なんでそんなにSNSにこだわるの?

これに関してはたくさん答えがあると思います。でも結局は認められたいのかな?って思います。子どもの頃、通知表をもらったように、わかりやすい数字があることに安心するのかもしれない。そういえば社会人になると急に評価って数字では表記されなくなる。大きな会社に勤めている方や売り上げをあげる仕事ならまた別だけど、事務とか何かを管理する仕事だと数字で評価されることってないんじゃないかな。

そういう背景もあるのかもしれない。

 

結論!SNSに体温計の写真をアップする女って。

人からの評価、見られ方を気にして承認に飢えた取り繕い女。

こういう女が増えたことからわかるのは、SNSが私たちの生活になくてはならないものになったということ。旅行に行った写真や、今日のコーディネート、SNSって始めは「おしゃれなもの」でした。ですがしょうもない「同情いいね」はおしゃれでも何でもない。インスタグラムが飽和状態になっていることを結論付けているんじゃないかな。次に流行する次世代SNSは何になるのかな?

 

 

小柴くろこ